ホーム > 企業枠について

企業枠について

企業主導型保育園とは

企業主導型保育事業は内閣府所管の保育事業であり、認可保育園と同等基準の保育園で、企業が運営する保育園です。

地域の待機児童の解消と企業の人材確保、仕事と子育てを両立するため、内閣府が推進する保育政策です。
企業主導だからできる柔軟な対応がぴっころ保育園の強みです。
入園は、どなたでもお申し込み頂けます。

先生の画像

保育園の共同利用をはじめませんか?

ぴっころ保育園と連携して、従業員の皆様の仕事と子育ての両立を支援しませんか?
子育て世代の人材確保や活躍促進など、様々なメリットが期待できます。
運用にかかわる費用負担はございません。

企業様のメリット

●従業員の就労状況に応じたニーズに対応できる
●子育てによる離職を減らすことができる
●従業員の福利厚生への満足度を上げることができる
●認可施設同水準の保育を提供できる

利用者様のメリット

●勤務時間・勤務形態に合わせて預けることができる
●認可施設同水準の保育園に預けられる
●自宅や職場の近くで通勤に便利
●定員枠に余裕がある

ご利用イメージ

提携企業様 ご利用者様を募集中です。

基本的には、保育料は利用者様(従業員様)にご負担いただきますが、
福利厚生充実化のための保育料一部企業様負担などのご相談も可能です。

電話0948-25-3355

ご入園について

ご入園の際には面談をさせて頂いております。
面談には入園申込書(面談シート)が必須です。

入園申込書ダウンロード

※令和4年度の入園をご希望の方は、お問合せフォームよりお問い合わせください。

2023年度面談ご予約フォーム

ぴっころ保育園の教室写真

© 株式会社オックスベル all rights reserved.

ページ上部へ